<大学用語集>
サテライト・キャンパス

<解説>
社会人など時間的・地理的制約等により大学の本校に継続的に通うことが困難な者に対して、授業の一部を行う大学の本校以外の場所。

これにより、例えば、郊外に設置されている大学が、企業等の多数存在する地域や交通の便の良い場所に教育・研究の場を提供することが可能となる。(文科省ウェブサイト掲載資料より)

スポンサードリンク


<よくある会話>
職員A:サテライトキャンパスを設置して、社会人の人にも授業を受けやすいようにしよう。

職員B:社会人が入学してくるようになれば、学生募集も少しは余裕が出るかもね。

おじさん:少子化の影響で、社会人を取り込もうとす大学は増えてるんじゃよ。文科省としてもリカレント教員として積極的になっておる。社会人を取り込むためには、社会人のための授業を用意しないと駄目ね。


スポンサーリンク