<大学用語集>
学士課程教育

<解説>
従来、学士課程教育は、一般的に「学部教育」等といった「組織」に着目した呼び方がなされていた。

しかし、知識基盤社会においては、新たな知の創造と活用を通じ、我が国社会や人類の将来の発展に貢献する人材を育成することが必要であり、そのためには、「○○学部所属」ではなく、国際的通用性のある大学教育の課程の修了に関わる知識・能力を習得したことが重要な意味を帯びる。

学位は、そのような知識・能力の証明として、大学が授与するものであることが、国際的にも共通理解になっており、その学位を与える課程(プログラム)に着目して整理し直したものが、学士課程教育である。(文科省ウェブサイト掲載資料より)

スポンサードリンク


<よくある会話>
職員A:うちの大学の学士課程教育ってすごくない!?

職員B:どの辺が?

職員A:それはちょっとわかんないわ。

おじさん:そっか。


スポンサーリンク