新興大学100に4位筑波大だけ

<関係する大学名>
筑波大学

<確認した媒体>
msn産経ニュース(2014.5)

<ニュースの概要>
イギリスの教育専門誌であるタイムズ・ハイヤー・エデュケーションは、開学から50年未満の大学を対象とした「世界の新興大学ランキング100」を発表しました。

日本の大学では、筑波大学が44位にランクインしたのみで、その他の大学は100位に入れませんでした。

東京大学や京都大学は開学から50年以上経過しているということで、対象外となっています。

1位は韓国の浦項工科大学で、3年連続の1位でした。

<感じたこと>
色々なランキングがありますね。

筑波大学は開学から50年経ってないんですね。なんだか、だいぶ老舗な幹事はしますけどね。

今回の採点方法は、研究論文の引用数や博士学位の授与数、留学生の数など、13の要素を基に評価したそうです。

東大が世界大学ランキングでアジア首位

<関係する大学名>
東京大学など

<確認した媒体>
eduon!(2014.10)

<ニュースの概要>
10月1日に今年の世界大学ランキングが発表されました。

東京大学が23位となり、アジアで首位となりました。

日本の2位は京都大(世界59位)、3位は東京工業大(世界141位)、4位は大阪大(世界157位)、5位は東北大(世界165位)でした。

<感じたこと>
毎年恒例の世界大学ランキングの発表です。今年も日本では東京大学が1位です。

アジアではシンガポール国立大学が東京大学に次いで2位になっています。

海外の大学のレベルはなかなか知らないので、ちょっとだけ勉強になりました。

スポンサードリンク

大学ブランド力ランキング

<関係する大学名>
全国の大学

<確認した媒体>
リセマム(2014.12)

<ニュースの概要>
日経BPコンサルティングが実施している「大学ブランド・イメージ調査2014-2015」の結果発表がありました。

今年の調査は、全国9地域の455大学について、それぞれの地域に住む有職者の方や、
中学生以上の子どもがいる父母、教育関連従事者に依頼をしています。

首都圏のランキングで、1位は慶応大学、2位は東京大学、3位は早稲田大学でした。

<感じたこと>
毎年やっている調査なので、大学職員としては要チェックですね。

みなさんも自分の目指している大学について確認してみましょう。去年は東京大学が1位だったみたいですね。

面倒見のよい大学、金沢工業大学が1位

<関係する大学名>
金沢工業大学

<確認した媒体>
東洋経済オンライン(2016.2)

<ニュースの概要>
大学通信が進路指導教諭に対して実施したアンケートによると、「面倒見のよい大学」として金沢工業大学が1位となりました。

これは調査開始以降、11年連続となっています。

理由は、教員に対して質問がしやすい体制が整えられていたり、学修ポートフォリオがあることなどがポイントの高い理由となっています。

<感じたこと>
「面倒見のよい大学」とはすごい受験生への印象がよいですね。うちの大学もランキングに入れるように頑張っていきたいです。


スポンサーリンク