市民向け講義受け放題の「パスポート」

<関係する大学名>
島根大学

<確認した媒体>
YOMIURI ONLINE(2014.2)

<ニュースの概要>
島根大学では、市民が5,000円で会員になれる「パスポート会員制度」を始めました。

内容は図書館を使えたり、市民向け講座(150講座)のほぼすべてを受講できたりするものです。

また、インターネットでの受講も可能みたいです。大学としては生涯学習の場となることを考えて制度を作っているようです。

<感じたこと>
図書館を無料で使えたりする制度は聞いたことがありますが、5,000円で150講座を無料で受けられるのは驚きです。

てか、めちゃ赤字にならないのかな!?

まぁ、生涯学習の拠点とするとのであれば地域貢献にもなりますし、多少の出費はよしとする感じですかね。

このような制度は国立大学では初めてとのことですので、いい宣伝効果になるのかなぁと思います。

カードゲームで避難所運営を体験

<関係する大学名>
高知大学

<確認した媒体>
YOMIURI ONLINE(2014.2)

<ニュースの概要>
高知大学の体育館は災害が起きたときなどの避難場所となっているみたいです。たぶん色々な大学でなっていると思います。

そこで、大きな災害が起きたときに、避難所で行わなければならないことをカードゲーム形式で学べるようにしたようです。

このゲームでは、避難できるスペースに限りがある中で、障害のある方はどの部屋に避難させるべきかなど、起こり得る事例について考えることができるようになっています。

また、トイレが壊れてしまったなどのアクシデントも想定され、どんな対応をとるべきかを考えるような感じにもなっています。

ゲームをやることで、実際に災害が起こると、避難所をうまく運営することが難しいということがわかる画期的なゲームです。

<感じたこと>
これはおもしろいし、実際に役に立ちそうですね。きっと他の大学でもその他の団体でも使えますね。

販売しても売れそうなきもしますね。これを思いついた人、半端ない!

スポンサードリンク

女性起業家育成カレッジ開校

<関係する大学名>
昭和女子大学

<確認した媒体>
YOMIURI ONLINE(2014.2)

<ニュースの概要>
昭和女子大学では、女性企業家を育成するために、「キャリアカレッジ」というものを開講します。

「キャリアカレッジ」では、専門家から実践的な講義を受けることができます。また、金銭的な起業支援も検討しています。

<感じたこと>
女子大ということもあって女性に限定した支援ということで、大学の特色をアピールできる取り組みですね。

しかも、国としても女性の社会での活躍を期待しているので、今が旬な感じなのかもしれません。

このように、大学の建学の精神と一致した取り組みは、大学としても進めやすいのかもしれませんね。

医師確保で「バーチャル医大」開始へ

<関係する大学名>
静岡県の大学

<確認した媒体>
yahooニュース(2014.2)

<ニュースの概要>
静岡県が仮想の医科大学として「ふじのくにバーチャルメディアカレッジ」という事業を開始し、医師確保策を強化します。

これは、実際に大学を作るのではなくて、静岡県の医療機関の医師などと医学生などが交流できる場を設けて、地域医療の魅力をアピールする取組です。

予算は12億円を予定していて、2014年度から開始予定です。

<感じたこと>
この取組は学生が医師などと直接コミュニケーションが取れるようになるなど素敵な取組だと思います。これにより、実際の現場の状況も今まで以上に伝わるでしょうし、教育効果としても高いのかなと思います。

また、地方の医師不足も深刻なんだなと思いました。

かなりのお金をかけるようですが、医師を確保することも地域貢献の一環になるのだなと思いました。

奨学金ならぬ「奨学米」

<確認した媒体>
yahooニュース(2014.7)

<ニュースの概要>
首都圏に住む大学生に地方の農家が米を送って食生活を支え、大学生は農作業を手伝うという取組が行われています。

これを奨学金ならぬ、「奨学米」と呼んでいます。

農業や食への関心を深める学生と、将来の販路拡大をちょっぴり期待しながら交流を楽しむ農家との遠く離れた支え合いが続いている。

<感じたこと>
これはなんだかほんわかしていいニュースですね。学生だけでなく、私もやりたいです!

特に、農業系や栄養系の大学では、勉強にもなるし一石二鳥ですね。

スポンサードリンク

高校生を対象に図書館を開放

<関係する大学名>
全国の大学

<確認した媒体>
パスナビ(2014.7)

<ニュースの概要>
夏休みに、大学の図書館を高校生に開放している大学が各地にあります。

このニュースでは約40の大学を紹介しています。

<感じたこと>
一般の図書館は夏休みは混雑していて、座れなくて勉強ができなかったりしますが、大学は逆に夏休みが空いていたりもするので、タイミング的にもいい感じかもしれないですね。

受験生を囲い込むための取組にもなりますしね。

ロフトと立命館が協定

<関係する大学名>
立命館大学

<確認した媒体>
yahooニュース(2014.8)

<ニュースの概要>
ロフトと立命館大学が、人材育成や地域振興、国際交流などで、連携や協力するために包括協定を結びました。

立命館大学としては、多様化する学生ニーズに対応するため、ロフトを新たな学びの場とすることができます。

一方で、ロフトとしては、店舗の若者離れが進んでいることもあり、若い感性で商品開発や店づくりなどを進めたいという狙いがあります。

9月には京都ロフトに「ロフト部」を設け、週2~3回活動する予定です。

<感じたこと>
それぞれにメリットがあって素敵な協定ですね。

また、協定って締結しただけで、後は何もやらないということも多いですが、週に2~3回、「ロフト部」の活動があるということで、実際にうまく活用ができてよいですね。


スポンサーリンク