現役の大学職員の面接官として、面接で実際に出される質問をもとに、面接官が見るポイントや参考回答例をご紹介します。

皆様の面接対策の参考にいていただければ幸いです。

大学における職員の役割とは何だと思いますか

◆大学職員の面接官が見るポイント◆
面接官としては、大学職員の仕事をしっかりとイメージできているかを見ているので、職員の仕事と絡めて具体的な説明ができるとよいと思います。

少し注意していただきたいこととしては、大学職員を目指す方の中には、「教育」をよくしたいと考える人も多いです。

ただ、「教育」や「研究」に関することは、先生方の領域となるとめ、職員ができることは限られてきます。
一方で、職員だからこそできるところ多くあります。

面接の場で自分がやっていきたいことや大学の理想を話すことは大事ですが、例えば、「すべての授業をアクティブラーニングにしたい」と言った場合は、「教育を行うのは先生の仕事だから、職員として何ができるのか」などとさらに聞かれてしまいます。

そうなったときに、職員と教員の役割をしっかりと理解していないとうまい回答ができなくなってしまうので、あらかじめ職員の役割について理解したうえで回答を準備しておいたほうがよいと思います。

◆用語確認:「アクティブラーニング」とは
伝統的な教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学習者の能動的な学習への参加を 取り入れた教授・学習法の総称。学習者が能動的に学ぶことによって、後で学んだ情報を思い出 しやすい、あるいは異なる文脈でもその情報を使いこなしやすいという理由から用いられる教授法。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディ スカッション、ディベート、グループ・ワーク等を行うことでも取り入れられる。(文部科学省ウェブサイトより)

<回答例①>
大学運営は先生と職員が連携して運営していく必要があると思います。

その中で、先生方については、教育・研究という大きな業務がある中で、「大学がどう進むべきか」という経営的な部分については、常日頃考えることは難しいと思います。

一方で、大学という組織では、特に「教育」や「研究」に関することは、先生方に決定権があるものも多いと聞いております。

このため、職員は、先生方が正しい判断ができるように必要な情報を提供したり、大学が進むべき道に先生方が決定するように誘導していくことが職員の役割だと思います。

【考えられる追加の質問】
・あなたはどのような情報を提供し、どのような方向に進めさせたいということはありますか。
・先生方を誘導するためにはどのようなことが必要になると思います。

「教育」に関して職員はどのように関わっていけばよいと思いますか

◆大学職員の面接官が見るポイント◆
現在の大学では、「教育の質を高めていくこと」が求められており、大学職員も教育へのサポートに積極的に携わっていく必要があります。

この質問では、大学職員の仕事を理解しているかが問われるとともに、回答を通じて発想力があるかなども見ています。

私も面接官として面接を受けていると、「そんな発想もあるのか」と思うことがときどきあるので、そのような印象を与えると面接官によい印象を与えることができます。

<回答例①>
教育については、職員が直接的に関わることは難しいと思いますが、学生の学びやすい学習環境を整えることなどは積極的に関われる部分だと思います。

現在は、ラーニング・コモンズの活用など、職員が主体となって学びやすい場を作っていくようなこともあるので、このような学習環境の整備という面では職員の役割は大きいと思います。

また、自習スペースの拡大や語学の補助スタッフの配置など、様々なことに関わっていけると思います。

◆用語確認:「ラーニング・コモンズ」とは
複数の学生が集まって、電子情報も印刷物も含めた様々な情報資源から得られる情報を用いて議論を進めていく学習スタイルを可能にする「場」を提供するもの。その際、コンピュータ設備や印刷物を提供するだけでなく、それらを使った学生の自学自習を支援する図書館職員によるサービスも提供する。(文部科学省ウェブサイトより)

ラーニング・コモンズは千葉大学や同志社大学が有名なので、このような大学の事例を調べてみるとイメージがつきやすいと思います。

【考えられる追加質問】
・あなたが特に積極的に行っていきたい教育の取組はありますか。
・本学の教育に関することで印象的な取組はありますか。

「研究」に関して職員はどのように関わっていけばよいと思いますか。

◆大学職員の面接官が見るポイント◆
大学職員の面接の場で、「あなたのやりたい仕事は何ですか」と聞くと、「研究」に関わる仕事のことを回答する受験者は少ないです(大学院卒の受験者の中にはときどきいます)。

一方で、最近は「研究支援」という言葉が積極的に使われるようになり、部署としても「研究支援課」というような名称の組織も出てきたり、大学職員の新たな専門職種として、「URA(リサーチ・アドミニストレーター)」という職種が出てきていたりもしています。

「研究支援」の仕事は以前からもあったと思いますが、最近になって改めて着目されるようになってきています。

「研究支援」の仕事のイメージとしては、先生方に研究をしやすい環境を整備すること(先生方の事務処理の負担を減らすこと)や外部資金の獲得がしやすいような体制を整えるなど、また、URAのように先生方と一緒になって研究を進めていくことなどとなります。

この質問はあまり聞かれることは少ないかもしれませんが、最近の流行でもあるため、念のため準備をしておいたほうがよいと思います。

◆用語確認:「URA(リサーチ・アドミニストレーター)とは
大学等において、研究者とともに研究活動の企画・マネジメント、研究成果の活用促進を行うことにより、研究者の研究活動の活性化や研究開発マネジメントの強化等を支える業務に従事する人材などと言われています。(文部科学省ウェブサイト)

「URA」の「U」は「University」の「U」です。理由はわかりませんが、カタカナにすると「リサーチ・アドミニストレーター」と呼ばれています。

仮に、面接の場でこの用語を使う場合は、「ユー・アール・エー」と言っても、「リサーチ・アドミニストレーター」と言っても間違いありませんが、「ユニバーシティ・リサーチ・アドミニストレーター」ということはあまりないようです。

<回答例①>
研究については職員が関わりにくい分野ですが、先生方ができるだけ研究に専念できるように、先生方がやるべき事務作業を減らす取組を進めることや、先生方の研究成果をうまく広報し、企業等と結びつけるサポートをすることも職員が行う研究支援になると思います。

【考えられる追加質問】
・あなたが特にやってみたい研究支援はありますか。
・あなたが考える本学で積極的に広報すべき研究成果や研究内容はありますか。

「社会貢献」に関して職員はどのように関わっていけばよいと思いますか

◆大学職員の面接官が見るポイント◆
社会貢献については、教育や研究よりは大学職員が積極的に関われる分野となります。

そもそも大学の使命は大きく3つとされており、それは「教育」、「研究」、「社会貢献」です。

その中で、「社会貢献」はあまり問われていなかった印象がありましたが、大学では多額の税金が補助金として投入されていることが認識されるようになり、「社会貢献」の機能も大学に強く求められるようになり、大学側も「社会貢献」を行っていることを積極的にアピールする必要が生じてきました。

そういった意味から、社会貢献についてはこれから多くの改革が進んでいくと考えられ、職員の企画力や発想力が求められるところでもあります。

面接の場では、受験する大学に合わせて、公立大学ではあれば設置されている自治体に貢献できる取組を、私立大学であれば大学の理念に基づいた社会貢献の取組を提案できるとよいと思います。

<回答例①>
社会貢献については、職員が積極的に関われる部分分野だと思います。大学における社会貢献とは、大学の知識を還元するための公開講座や自治体と連携した取組、地域コミュニティとの連携、施設の貸し出しなど幅広いものがあると思っています。また、学生ボランティアを活性化していくことも社会貢献を進めていくための取組の1つになると思っています。

【考えられる追加質問】
・あなたが特に進めたい社会貢献の取組はあります。
・本学で実施している社会貢献の取組で印象に残っている取組はありますか。

◆参考情報:社会貢献の取組例
・社会人のための学び直し講座
・高齢者の健康支援の取組
・中高生への出張相談
・様々な言語で東京の観光地の紹介をするウェブサイト(留学生活用)
・小学校や中学校での理科教室の開催
・地域の商店街の活性化
・地域のスポーツ振興
・大学における障害者の雇用

職員が学生支援を行っていくうえで重要なことは何だと思いますか

◆大学職員の面接官が見るポイント◆
大学職員の仕事振りについては、学生からの意見として「横柄だ」と言われることがあります。

私が大学職員として働いている中での経験では、確かに4~5年前くらいまではそのような印象を持たれてしまうだろうなぁという職員がいましたが、最近はほとんどいなくなっている印象です。

ただ、職員と学生の関係は少し難しいところがあって、例えば、競争性のある奨学金などの申込締切に書類の提出が間に合わなかった学生がいた場合は、締切までに提出した学生との公平性を保つため、受け取ることができない場合があります。

そのようなときは、もちろん最初は丁寧に説明をして学生に理解してもらうよう促すのですが、ものわかりのよい学生ばかりではないというのも実態としてあります。

ものわかりの悪い学生がいたときは、学生の態度によっては少しきつく指導する必要があったりもします。

この質問では、あなたの学生対応に対する基本的な視点を見ることになりますが、「丁寧な対応」を心がけること伝えれば問題ないと思います。

<回答例①>
基本的には、授業料を払ってもらっている顧客という位置づけで考えて、窓口での対応などは常に丁寧に行うべきだと思います。ただし、決められたルールについては守ってもらう必要があるので、状況によっては求められるものに応えられない場面も出てくると思います。ただし、このような場合でも、学生だから単に「できません」というのではなく、できない理由を丁寧に説明すべきだと思います。

【考えられる追加質問】
・あなたが在籍していた大学では、横柄な態度をとる職員はいましたか。
・学生が提出物の締切を守らなかったために書類を受け取ることができなかった場合で、保護者からクレームが入ったときはどのように対応しますか。

面接対策を行う際のお役立サイト

このサイトでは、各大学に口コミ情報が記載できるようになっており、面接での質問や職場の雰囲気、給料なども含めての生の口コミ情報が無料で見れるようになっています。

大学の面接での質問を知ることができれば、その大学が求める人材像がわかったりもするので、それを踏まえて志望動機を作るのも1つのやり方だと思います。
公式サイトはこちら


スポンサーリンク