大学職員の転職市場の動向

近年、大学職員は、それなりに人気職種になっているようです。

私も友人や知人、場合によっては学生などから、「どうすれば大学職員になれるのか」というようなことを聞かれることもよくあります。

私は、このような質問を受けたときには、「大学職員の採用試験をたくさん受け続けることが大事」と伝えています。

これは、私自身も書類選考で落ちたものも含めて、かなりの数の大学に挑戦しましたし、大学職員仲間に聞いても、同じような人が結構多いからです(30くらいの大学の採用試験に挑戦し、大学職員になった人もいます)。

そもそも大学職員の求人はそんなに多くありませんので、1ヶ月に、3つも4つも大学職員の採用試験を受験することは難しいです。

また、採用倍率もそれなりに高いので、感覚的には10の大学に挑戦して合格できればかなりよいほうで、いくつもの大学の採用試験に挑戦する必要があります。

詳細は大学職員採用の競争倍率は本当に高いのか調べてみたよ♪をみてください。

このため、大学職員への就職・転職は、どうしても長期スパンになってしまうケースが多いです。

私も転職活動していた時期は、できるだけ短期間で転職活動を終えたいと思っていました。

しかし、大学職員の場合は、自分が通勤できる地域の求人だけを見ると求人数としては少なくなってしまうこと、採用倍率の高いことから、短期間で採用されるのはなかなか難しいです。

スポンサードリンク

できるだけ短期間で大学職員に採用されるためには

それでは、どうすればできる限り短期間で大学職員になることができるのか。

まず最初にやるべきことは大学職員の求人情報をできるだけ多く取得することです。

そもそも、大学職員の求人自体が少ないので求人情報がしっかりと取得できないと、大学職員になるチャンスを自らつぶしてしまうことになります。

特に、自分の住んでいる場所から通勤できる範囲の求人となると、挑戦できる大学も狭まってしまいます。

もっと言うと、潰れない大学に絞るのであればさらに少なくなります。

このため、できるだけ多くの求人情報を取得できるようにしておくことがすごく重要になるんです。

大学職員の求人情報を多く取得するためには

では、どうすれば大学職員の求人情報をできるだけ多く取得できるのでしょうか。

大学職員の求人の出し方としましては、

①自分の大学のホームページのみで職員の募集をする方法
②転職サイト・転職エージェントで職員の募集をする方法

の2つの種類に分かれます。

①については、なかなか自分では1つ1つの大学を追っていくのは難しいです。

また、大学のホームページのみで募集している大学の一部では、かなり短い期間しか求人情報を掲載していないこともあり、外部からの採用への意欲が少ない大学もあったりします。

もしかしたら採用する人は決まっていて形式的に公募をしているのかもしれません。

一方で、②については、求人情報がまとまって入ってくるので情報が得やすいのと、大学としては広告費用を支払ってまで募集をしているので、採用意欲がすごく高い大学になります(採用への本気度が異なります)。

以上のことから、まず、やるべきこととしては、できるだけ多くの就職・転職サイト(転職エージェント)に登録しておくという方法以外ありません。

就職・転職サイトに登録するうえでの注意点

よく大手の就職・転職サイトに登録しているから大丈夫だと思っている人もいるのですが、ある大学の求人はA社にはあるが、ある大学の求人はB社にしかないということはめちゃくちゃよくあるので、大手転職サイトのみだと、挑戦できるチャンスを自らつぶしていることになります。

しかし、就職・転職サイトは細かく見ていくと30以上もありますので、すべてに登録するのはなかなか難しいと思います(もちろんできる人はできるだけ多くやったほうがいいと思います。)。

そこで、私の感覚的なもので申し訳ないのですが、大学職員の求人があって、転職者へサポートに魅力があると思われる就職・転職サイト(転職エージェント)をランキング化してみました。

あくまで管理人の経験と大学職員仲間から聞いた感覚などに基づいたものですので、参考程度に見ていただければと思います。
(「絶対に大学職員になりたい!」と思っている方は、時間をとって一気に登録することをオススメします。)

スポンサードリンク

【転職者向け】転職サイト・エージェントランキング

第1位:リクルートエージェント

  • 大学職員の求人は一番多いかなと思います。
  • 私も転職活動時は大学職員の求人を紹介していただき、かなりお世話になりました。
  • 面接の際のアドバイスもしてください大変助かりました。
  • 登録は公式サイト「リクルートエージェント」からできます。


    第2位:リクナビネクスト

  • リクルートエージェントと同様に大学職員の求人数が多いです。
  • 転職を支援するツールもいっぱいあります。
  • 自分の強みがわかるグッドポイント診断も魅力的なコンテンツの1つです。
  • 登録は公式サイト「リクナビネクスト」からできます。


    第3位:マイナビエージェント

  • 非公開の独占求人を紹介してくれます。
  • 転職成功の実績が高く、最適なアドバイスをしてくれます
  • 転職相談から入社時の相談までトータルの支援をしてくれます。
  • 登録は公式サイト「マイナビエージェント」からできます。


    第4位:DODAエージェントサービス

  • 求人規模はリクルートグループに次ぐと言われています。
  • 専門領域に精通したキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれます。
  • 登録は公式サイト「DODAエージェントサービス」からできます。


    第5位:転職サイト@type

  • スカウト機能が充実しています。
  • あなたの適正年収などが無料でわかる「転職力診断テスト」は一度はやってみる価値ありです。
  • /登録は公式サイト「キャリア転職サイト@type」からできます。


    第6位:パソナキャリア

  • オフィスワークの求人に強いと言われています。
  • 書類の書き方、面接の受け方、退職の手続きなど、丁寧なアドバイスをしてくれると言われています。
  • 登録は公式サイト「パソナキャリア」からできます。


    第7位:人材バンクネット

  • 非公開求人に定評があります。
  • キャリアコンサルタントが適切なアドバイスをしてくれます。
  • 登録は公式サイト「人材バンクネット」からできます。


    また、大学職員の給料や面接での質問、職場の雰囲気などの生の口コミ情報が無料で見ることができるサイトとして、「キャリコネ転職サービス」というサイトがあるので、ぜひこちらも登録することをオススメいたします。


    スポンサーリンク