<大学用語集>
EAP:English for Academic Purposes(学術目的の英語)

<解説>
大学における学術上の専門分野を学習する際に必要とされる英語力と、その獲得を目標とする英語教育のこと。

Dudlye-Evansらの分類によれば、英語に関する言語としての知識、日常会話、背景文化などを学ぶEGP: English for General Purposesと対をなすものとして、学問や職業などの特定分野における固有ニーズを対象としたESP: English for Specific Purposesがあり、
ESPはEAPと職業上のニーズを対象としたEOP: English for Occupational Purposesに分けられ、EOPは、さらに専門性の観点から、EPP: English for Professional PurposesとEVP: English for Vocational Purposesに分類される。(文科省ウェブサイト掲載資料より)

<よくある会話>
職員A:ようは英語ってことやね。

職員B:英語無理~。

おじさん:ペルー語ならイケるのに・・・。


スポンサーリンク