大学職員を目指すにあたって疑問に思うことがあると思います。ここでは主に休暇や福利厚生に関する質問に回答します。

大学職員Q&A①大学職員って有給休暇とかっていっぱい取ってるの?

うちの大学では結構取得している人が多いです。

ただ、私自身はあまり有給休暇をとるのが得意ではなく、これまでの平均を考える都、1年間で8日~12日くらいだと思います。

ただ、人によってはしっかりと毎年20日取得する人もいます。

その人の考え方と配属された部署によって変わってくると思います。

スポンサードリンク

大学職員Q&A②:大学職員って土曜や日曜などの出勤は多いの?

それなりに多いと思います。

なぜかと言うと、そもそも土曜日に授業があったり、オープンキャンパスなどのイベントも休日に行ったりするからです。

ただし、これも部署にもよりますが、授業やイベントにあまり関係のない部署であれば、土曜や日曜などの休日出勤がほとんどない部署もあります。

また、土曜や日曜などの休日に出勤した分は、基本的には別の日に休めることになるので、個人的にはそんな気にならないです。

絶対に、「土曜や日曜などの休日は働きたくない!」という人でなければ、大学職員という職場はよいのかなと思います。

大学職員Q&A③:大学職員の給料は高いの?

一般的には高いイメージがありますが、実際はピンキリです。

東京や京都、大阪の大規模大学は給料が高い傾向にありますが、地方の小規模大学は高い印象はありません。

詳細は大学職員の給料(年収)はピンキリだから受ける前にこの記事読んで!をご覧ください。

大学職員Q&A④:大学職員って夏休みは暇なの?

大学によっては学生の夏休みに合わせて、大学職員もそれなりの長い期間の休暇をとるところもあるようですが、意外と仕事もそれなりにあります。

もちろん部署によって異なるのですが、私が配属されている部署では、大きな仕事としては、オープンキャンパスの準備や対応、それから大学院の入試などがあります(もちろん細々とした仕事はその他にもそれなりにあります)。

このような仕事は私自身はどちらかというとイベントが好きということもあって、得意な仕事になります。

もう、大学職員になって10年以上になっているので、全体を統括する仕事が多くなっていますが、イベントがうまく終わった後の気持ちは、通常の仕事よりも達成感があります。

大学職員の仕事はあまりおもしろくないという印象を持たれることもありますが、こうしたイベントの仕事はけっこう楽しいです。

私が大学職員になる前は、営業の仕事をしていたのですが、毎月のノルマのようなものがあって、これはこれで目標をクリアできるとすごく達成感がありました。

このため、以前の仕事ほどの達成感とは言えないかもしれませんが、このようなイベントを運営するということは大学職員の仕事の魅力のひとつだと思います。


スポンサーリンク